〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼2-8-25
Tel 045-321-6090 Fax 045-321-6091
メールでの問合せ 24時間受付

がんカテーテル治療
特殊専門外来

ホーム  >  がんトップ  >  特殊専門外来 がんカテーテル治療  >  特殊専門外来 がんカテーテル治療のしくみ

特殊専門外来 がんカテーテル治療のしくみ

 がんという病気は、原発巣でも転移巣でも必ず生きていくために血液を栄養としています。ほぼ全てのがんは、正常な組織に比べてたくさんの動脈で支配されていますので血流が豊富です。しかもがんは自身に栄養を取り込むために「新生血管」という血管まで自分で作ってしまいます。がんカテーテル治療は、このがんの性質を利用した治療法です。
 現代の医療技術では、全身のどの動脈にもカテーテルを進めることができますので、がん組織の至近距離までマイクロカテーテルという直径1㎜に満たない管を近づけることができます。このカテーテルの先端からがん組織に対し抗がん剤塞栓物質を注入し、がんの縮小と死滅を目指すこと、これががんカテーテル治療の基本的な考え方です。

がん組織の至近距離まで到達できるマイクロカテーテル

がん組織の至近距離まで到達できるマイクロカテーテル  がんカテーテル治療では、まず大腿の付け根にある動脈を局所麻酔した後に穿刺し、大動脈内にカテーテルを挿入します。そして血管造影を行いながら、がん細胞の近くまでカテーテルを進めたのちに、その先端から抗がん剤塞栓物質を注入します。これによりがん細胞周囲は高濃度の薬剤で満たされ、さらに塞栓物質により血流を遮断するため、全身化学療法よりも少ない量の抗がん剤で治療が可能です。

がん細胞の特徴を逆手に取った治療法

がん細胞の特徴を逆手に取った治療法 がん細胞は正常組織に比べたくさんの動脈で支配されています。それは、がん細胞は栄養を取り込むために自ら血管をも作ってしまう特性があるからです。そのためカテーテルをがん細胞の至近距離まで到達させることができ、さらにがん組織に流れる血管に行き渡るように抗がん剤を注入することができるのです。

用いる薬剤による効果の違い

用いる薬剤による効果の違い  がん細胞の至近距離まで到達したカテーテルから注入する薬剤は、抗がん剤塞栓物質以外に遺伝子製剤を用いることでも併用効果を期待できます。がんの部位によりその組み合わせは異なりますが、まず抗がん剤のみを用いた場合の手技を「動脈造影カテーテル法」といい、塞栓物質を使用できない部位に対し行う治療法です。塞栓物質を用いる場合は「血管塞栓術」といい、抗がん剤を併用する場合と塞栓物質のみ用いる場合があります。また遺伝子製剤を局所的に抗がん剤とともに用いることで併用効果も期待できます。

がんカテーテル治療

 

医療・介護関係者の皆様へ

入院・転院のご相談はこちら

入院・外来・診療内容について

初めてご来院の方はこちら
がんカテーテルのしくみについてのお電話お電話でのお問い合わせ
045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 /
AM9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
がんカテーテルのしくみについてのお電話お電話でのお問い合わせ 045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 / AM 9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
診療カレンダーを見る がんカテーテルのしくみのコンフォート病院への交通のご案内はこちら