〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼2-8-25
Tel 045-321-6090 Fax 045-321-6091
メールでの問合せ 24時間受付

免疫チェックポイント
阻害療法
Immune checkpoint inhibitor therapy

ホーム  >  がんトップ  >  免疫チェックポイント阻害療法

免疫チェックポイント阻害療法とは

 がんの三大治療として、がんを切り取る「手術」、がんに放射線をあてる「放射線療法」、抗がん剤などの薬を用いる「薬物療法」があります。これら基本治療が主流である中で、からだに本来備わっている免疫のはたらきを利用する免疫療法が、第四の治療法として注目されています。この免疫治療の分野において、近年研究が進み、免疫チェックポイント阻害療法と呼ばれる新たながんの治療法が開発されました。
 免疫とは、体内に侵入した病原菌やがん細胞のように体内に新しく発生した有害な異物を排除する仕組みです。しかしこれが過剰に働くと、関節リウマチのような新しい病気の原因になります。そこで私たちの体には、免疫が一定の役割を果たした後で、ブレーキがかかる仕組みがあります。成長したがん細胞を免疫がなかなか排除できない理由として、このシステムをがん細胞が乗っ取り、免疫反応が自分たちを攻撃しようとして踏み込んだアクセルにブレーキをかけていることが知られています。このアクセルからブレーキに転じる瞬間を、免疫チェックポイントと言います。免疫チェックポイント阻害療法とは、がん細胞が人の免疫機能かけたブレーキを解除し、免疫反応を持続させる治療法です。
 現在、日本国内においては悪性黒色腫非小細胞肺がんにのみ健康保険が適応されていますが、その使用方法については注意しなければいけない点がいくつかあり、その副作用についても十分に理解した上で治療に同意していただくことが重要です。

免疫チェックポイント阻害療法ができないケース

●自己免疫性疾患の既往のある方
 細胞傷害性T細胞(CTL)の作用により、副作用として過度の免疫反応に起因すると考えられる様々な疾患や病態が現れることがあるため、自己免疫性疾患の既往のある方は増悪する可能性があります。
間質性肺疾患のある方またはその既往歴のある方
 間質性肺疾患が増悪する可能性があります。
免疫チェックポイント阻害療法中は他の抗がん剤の併用はできません。

免疫チェックポイント阻害療法

 

医療・介護関係者の皆様へ

入院・転院のご相談はこちら

入院・外来・診療内容について

初めてご来院の方はこちら
免疫チェックポイント阻害療法についてのお電話お電話でのお問い合わせ
045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 /
AM9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
免疫チェックポイント阻害療法についてのお電話お電話でのお問い合わせ 045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 / AM 9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
診療カレンダーを見る 免疫チェックポイント阻害療法のコンフォート病院への交通のご案内はこちら