〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼2-8-25
Tel 045-321-6090 Fax 045-321-6091
メールでの問合せ 24時間受付

治療症例
Cancer therapy

ホーム  >  がんトップ  >  治療症例  >  乳腺がんの治療症例

乳腺がんの症例

77歳 女性
原発 乳腺
転移 肝臓
施術頻度 2回/月
使用薬剤 エピルビシン、シスプラチン、マイトマイシン

治療までの経緯

平成25年4月、前医にて左乳腺腫瘍及び肺、肝臓に多発転移と診断される。同年5月より抗がん剤w-PTX+Herceptineによる全身治療を開始。26年2月には原発巣の消失を認めるが肝臓の腫瘤は増大していた。これに対する主治医の治療強化提案、つまり 抗がん剤の増強には患者本人が納得せず、Herceptineのみの治療を行っていた。その後、患者本人の意思で複数のセカンドオピニオンを受け、結果副作用が増悪する抗がん剤の増強ではなく、肝動注療法を同年9月より開始した。しかし目立った効果はなく、27年1月には7cm大の肝転移巣が3か所発見されることとなる。当時の主治医からは更なる治療の増強を勧められたとのことであったが、「少しでも体に負担のない治療法を探していた。ホームページを見てこの治療を試 してみたいと思った」との理由にて当院を受診。平成27年2月よりがんカテーテル治療を開始する。

治療開始からの経過

治療開始後5か月経過までに9回施術し、病巣部の縮退は顕著であることを認める。患者本人が一番気にされていた副作用についても「少しふらつく程度」との本人談であった。現在は3か所のがん病巣はほぼ消失し、転移も見つかっていない。

医療・介護関係者の皆様へ

入院・転院のご相談はこちら

入院・外来・診療内容について

初めてご来院の方はこちら
がん治療についてのお電話お電話でのお問い合わせ
045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 /
AM9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
がん治療についてのお電話お電話でのお問い合わせ 045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 / AM 9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
診療カレンダーを見る がん治療のコンフォート病院への交通のご案内はこちら