〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼2-8-25
Tel 045-321-6090 Fax 045-321-6091
メールでの問合せ 24時間受付

トピックス
Topics

ホーム  >  トピックス

トピックスTopics

感冒様症状を呈したときの⾃宅療養について

① 症状が軽いときは自宅療養してください

普通のかぜも新型コロナウイルス感染症も、症状が出てから最初の数日は区別がつきません。症状が出てすぐに受診しても、新型コロナウイルス感染症と診断することも、違うと診断することも困難です。仮に早く診断できたとしても、肺炎になったり重くなるのを防ぐ治療薬などもありません。また、新型コロナウイルス感染症の大半はかぜのような軽い症状のまま自然に治ってしまいます。
⼀方で、症状がある時に外出したり受診すると、外出先や待合室で感染を広めるおそれがあります。そのため、かぜのような症状が出ても、最初の数⽇間は受診せず、仕事や学校を休んで外出を避け、自宅療養してください。自宅療養の期間は、⼀般の方は4日間、ご高齢の方、持病がある方、妊娠中の女性は2日間です。自宅療養中は、1⽇2 回(朝・夕)体温を測り、手帳やノートに体温と測った時間を記録してください。
自宅療養に不安があるときは、かかりつけ医療機関に定期的に電話するなどして経過を伝え、担当医のアドバイスを仰ぐといいでしょう。


② 症状が4⽇以上(⾼齢者、持病、妊娠では2⽇以上)続いたら、「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓⼝)」へ電話相談してください

⾃宅療養を⾏うと、新型コロナウイルス感染症ではないその他のかぜであれば、通常は3-4⽇間で⾃然に治ってきます。もし4⽇以上かぜの症状(発熱、咳、のどの痛みなど)が続いた場合は、⼜は4⽇未満でも呼吸が苦しくなるなど悪化する傾向があれば、新型コロナウイルス感染症を疑う必要があります。
さらに、ご⾼齢の⽅、持病のある⽅、妊娠中の⼥性は、新型コロナウイルス感染症が悪化しやすくなります。それらの⽅々は、かぜの症状が2⽇以上続いた時点で、新型コロナウイルス感染症に注意する必要があります。
⼀般の⽅は4⽇以上、⾼齢者、持病のある⽅、妊娠中の⼥性は2⽇以上、かぜの症状が続いた場合に、「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓⼝)」に電話で相談してください。待合室で他の患者さんにうつさないようにするため、連絡なしで直接医療機関に受診することは避けてください。


③ 受診の⽅法

「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓⼝)」に電話相談すると、担当者から症状の経過や持病の有無などを質問されます。その上で担当者が、受診が必要かどうか判断し、受診する場合は専⾨病院とかかりつけ医療機関のどちらがふさわしいかを判断します。担当者の判断と指⽰にしたがって⾏動してください。
受診する場合は、たとえ咳やくしゃみがなくても必ずマスクをつけてください。
また、担当者から指⽰された医療機関以外には決して受診しないでください。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引き
Version 1.0(2020 年3 ⽉11 ⽇公開)より抜粋
https://www.primary-care.or.jp/imp_news/20200311.html

 
 

外来・診療内容について

初めてご来院の方はこちら
電話お電話でのお問い合わせ
045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 /
AM9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
電話お電話でのお問い合わせ 045-321-6090
メールでのお問い合わせ24時間受付中
診療時間 / AM 9:30~12:00(受付終了 11:30)
PM 15:00~17:00(受付終了 16:30)
休診日 / 隔週日曜日・祝祭日・月曜日
診療カレンダーを見る 交通のご案内はこちら