〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼2-8-25
Tel 045-321-6090 Fax 045-321-6091
メールでの問合せ 24時間受付

入院のご案内
Inpatient

ホーム  >  入院のご案内

入院のご案内Inpatient

入院手続

  • お手続きに必要なもの
    1. 保険証(お持ちの方は高齢受給者証・限度額認定証)
    2. 患者様・支払責任者・連帯保証人の方のご印鑑(シャチハタ不可)
  • 入院時にご提出頂く書類等に必要事項を記入・押印し、1階医事課受付にお渡しください。、
    ※治療内容によって事前に預り金をお願いする場合があります。

携帯品

  • 洗面用具
  • ティッシュペーパー(病院より提供した場合:200円/個)
  • 下着類
  • マグカップ(割れにくいもの)
  • オムツ・パット類(病院より提供した場合:100円/枚)
  • 内服薬(二週間分ほどご持参ください。)
  • 男性の方は電気かみそり
  • 寝巻・タオル類・スリッパ・歯ブラシは委託業者からのリース(有料)をご用意しております。ご家族様の労力負担の軽減と、院内における衛生管理・環境整備のため、リース品のご利用に
    ついてご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。
  • 貴重品や多額の現金はお持ちにならないで下さい。
    万一盗難及び紛失がおこっても、当院では一切その責任を負いません。
    必要な方へはセーフティボックスをご用意しておりますのでご利用下さい。

病室の設備

  • 4人部屋
    1. 簡易クローゼット
    2. 洗面台
    3. トイレ
    4. 流し台
    5. 冷蔵庫
    6. 電気ポット

※2~6は共用

  • 個  室
    1. クローゼット
    2. 洗面台
    3. ユニットバス
    4. 流し台
    5. 冷蔵庫
    6. 木製チェア・デスク
    7. 電気ポット
    8. テレビ
    9. お茶(ティーバック)

※ 各部屋共通で標準備品(床頭台・ナースコール等)を完備しております。

入院費用

  • 入院料その他の治療費については、健康保険法の規定による料金で計算いたします。
    短期入院の方は退院時、1か月以上の長期入院の方は月末締め10日以降に
    ご請求させていただきます。
  • 入院費は1階医事課受付にてお支払下さい。祝祭日の退院の場合は後日窓口精算、もしくは
    現金書留にてご郵送ください。窓口清算の場合は現金もしくはクレジットカードが
    ご利用いただけます。詳しくは1階医事課受付までお問い合わせください。
  • 個室をご利用される場合は、当院規定の差額室料をいただきます。
  • 診断書等の書類の申し込みは1階医事課受付にてお願いいたします。

その他費用

  1. アメニティセット(寝巻・タオル・歯ブラシ・スリッパ)・・・630円/日
  2. おむつ、パット等各種・・・100円/枚
  3. ティッシュペーパー・・・・200円/個
  4. シャンプー・ボディソープ(使い切り1包)・・・各20円/包
  5. テレビ代・・・220円/日
  6. テレビ用イヤホン・・・120円/個
  7. 衣類洗濯代・・・200円/回
  8. 付き添い寝具代・・・1,080円/日
  9. 付き添い者用アメニティセット(寝巻・タオル・歯ブラシ・スリッパ)・・・630円/日
  10. エアーマット使用料・・・540円/日

食事

  • 入院中の食事は病院給食となりますので、持込はご遠慮下さい。
    配膳時間:朝 8:00 昼12:30 夜18:00

付き添い(個室のみ)

  • ご家族が付き添う場合は、主治医の許可を受けて下さい。
    (付き添いを希望される方は1名まで)
  • 付き添いをされる方には、簡易ベッド(1日1,080円)と、ご希望により、
    アメニティセット(1日630円)、付き添い食も提供させていただきます。
    手続きは1階医事課窓口にてお願いいたします。

面会

  • 面会時間は平日15:00~19:00、日曜・祝祭日13:00~19:00です。
  • 大勢でのご面会、お子様連れは患者様の安静を妨げるばかりでなく、
    他の患者様の迷惑となりますのでご遠慮願います。
  • ご面会にいらっしゃった際は、病室に入られる前に必ず2階ナースステーションにて面会簿に
    お名前をご記入の上、面会札の着用をお願いいたします。
  • インフルエンザ等の感染症の流行時期においては、感染対策上ご家族の方であっても面会を
    お断りさせていただくことがございますので予めご了承ください。

危険物の持ち込み、迷惑行為の禁止

  • 他人に迷惑をかけたり乱暴をするなど、院内の秩序を乱す行為(飲酒、喫煙、無断外泊・外出等)があった場合は警察への通報、強制退院の措置をとる場合があります。
  • 病院内への危険物(刃物類・発火類)の持ち込みはできません。
    果物ナイフやはさみは病棟でお貸出しいたします。
    病室内で危険物を発見した場合はナースステーションでお預かりさせていただきますので
    ご了承ください。

その他

  • 入院中は病院の諸規則をお守りいただき、非常時は医師・看護婦の指示に従って
    行動して下さい。
  • 医師との面談をご希望される場合は、事前に病棟までお申し出ください。
  • 外出・外泊の必要がある場合は、主治医の許可を得て下さい。
  • 電気器具の使用は原則としてお断りいたします。
  • 体温計など物品を破損した場合には実費で弁償して頂く場合があります。
  • 携帯電話は個室利用の方のみお部屋で使用可能です。(医療機器を使用していない場合に限る)
    4人部屋につきましては、医療機器を使用していない場合に限り、
    他の患者様のご迷惑にならないようご使用ください。
  • 4人部屋では大きな音、声を出さないようにお願いいたします。
    テレビ・ラジオ等はイヤホンでお聞きください。
  • 病院、病室内は禁煙です。
  • 衛生管理の面でうがいや手洗いは大切です。病室への入室時、トイレ使用後、
    食事前には手洗い又は、病室入り口に備えてある手指消毒剤をご使用下さい。
    面会の方も入退室時の手指消毒をお願い致します。
  • 消灯時間は21:00です。
  • 保険証は毎月1回、月初めに1階医事課受付にご提示下さい。
  • 保険証や住所等、入院時から変更事項が生じた場合は1階医事課受付にお申し出下さい。
  • 入院中にお気付きの点やお困りのことがありましたら、遠慮なく職員にお申し出下さい。

コンフォート病院 入院費用概算

入院病床

病床数・・・・・・・・・32床 (4人部屋:4部屋 個室:16部屋)
施設基準・・・・・・・・一般病棟入院基本料・・・10対1
            後発医薬品使用体制加算3・療養環境加算
            がん治療連携指導料・認知症ケア加算2・画像診断管理加算2
            CT撮影及びMRI撮影・冠動脈CT撮影加算

費用概算 ※ 何れも当院初診、一か月(30日)入院し、テレビも利用した場合

項目 個室使用 4人部屋使用
入院費 500,820円 508,320円
差額室料 648,000円
食事代 32,400円 32,400円
アメニティ費 18,900円 18,900円
テレビ代 (差額室料に含む) 6,600円
健康保険計 500,820円 508,320円
自費計 699,300円 57,900円
保険3割負担+自費分 849,546円 210,396円
保険1割負担+自費分 749,382円 108,732円

※上記概算に医療行為やご希望により提供したその他自費費用、文書料等は含まれておりません。
 また、年齢・所得によって実際の負担金は異なります。詳しくは「高額療養費について」を
 ご確認下さい。

入院料内訳

[個室利用の場合]
    14日以内(1,807点×14日)25,298点
    15日~30日(1,549点×16日)24,784点   計50,082点
[4人部屋利用の場合]
    14日以内(1,832点×14日)25,648点
    15日~30日(1,574点×16日)25,184点   計50,832点

食事負担額:(一般の方の場合)360円/食×90食分として計算

自費分内訳

個室差額料金・・・・・21,600円/日(税込)
アメニティセット・・・630円/日(寝巻・タオル・歯ブラシ・スリッパ)
テレビ代・・・・・・・220円/日(希望した場合のみ)
※個室差額料金にはテレビ代の費用が含まれています。

平成29年2月1日現在

高額療養費について

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。
また、事前に「限度額適用認定証」の申請をして医療機関に提示することで、窓口での自己負担額を所得に応じた一定割合額にすることが可能です。

●70歳未満の自己負担限度額(月額)
対象者 自己負担限度額 多数該当
◆年収約1,160万円以上
健保:標準報酬月額83万円以上
国保:年間所得901万円超
252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
◆年収約770万~1,160万円
健保:同53万~79万円以上
国保:同600万~901万円
167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
◆年収約370万~約770万円
健保:同28万~50万円以上
国保:同210万~600万円
80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
◆年収約370万以下
健保:同26万円以下
国保:同210万円以下
57,600円 44,400円
◆住民税非課税 35,400円 24,600円

●70歳以上の自己負担限度額(月額)
対象者 自己負担限度額 多数該当
世帯単位
(入院・外来)
個人単位
(外来のみ)
現役並み所得者 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 57,600円 44,400円
一 般 57,600円 14,000円 44,400円
低所得者Ⅱ 24,600円 8,000円  
低所得者Ⅰ 15,000円 8,000円  
高額長期疾病患者(慢性腎不全・HIV・血友病の患者)の自己負担限度額(月額):1万円

※低所得者Ⅱ:世帯員全員が①市町村民税非課税者、又は②生活保護法の要保護者であって、
       自己負担限度額・食事標準負担額の減額により保護が必要でなくなる者
※低所得者Ⅰ:世帯員全員が「低所得者Ⅱ」に該当し、さらにその世帯所得が一定基準以下
※多数該当 :過去12か月間に3回以上、上限額に達した場合、4回目からの上限額が
       44,400円に下がります。

「高額療養費制度の自己負担限度額」 出典:厚生労働省資料
                   平成29年8月1日現在

「限度額適用認定証」の申請方法

「限度額適用認定証」は、各健康保険の窓口に申請をして発行してもらいます。
対象者となるのは①70歳未満の人 ②住民税非課税世帯の70歳以上の人で、高額な療養を受ける時、健康保険証とともに「限度額適用認定証」を医療機関に提示すると、窓口で支払う一部負担金が自己負担限度額までとなります。
ただし、認定証の交付を受けられるのは保険料の滞納がない、又は保険料の滞納につき特別な事情がある世帯の人に限ります。
また、住民税課税世帯の70歳以上の人は、高齢受給者証の提示で高額な療養を受ける時の一部負担金が自己負担限度額までになりますので、限度額適用認定証は不要です。
申請先により必要な書類の書式や添付するものが異なりますので、事前にお問合せいただくことをお勧めいたします。

◆国民健康保険
 患者様ご本人が住んでいる市区町村の国民健康保険の窓口(保険係)へ申請します。

◆協会けんぽ
 健康保険証に「全国健康保険協会(協会けんぽ)」と記載のある場合は、
 協会の各都道府県支部に申請します。
  ※例)全国健康保険協会 神奈川県支部

◆組合健保
 健康保険証に「~健康保険組合」のように、企業や事業単位の健康保険組合の名前が
 書かれている場合は、その健康保険組合が窓口になります。組合ごとに書式などが
 異なりますので、健康保険証の保険者所在地欄にある電話番号等にお問合せいただくか、
 企業等のホームページをご確認ください。

 ※限度額認定証による支給の対象は健康保険の範囲内に限られますので、
  入院中の食事代や保険外負担分(差額ベッド代・リネン代・おむつ代等)については
  適用はされません。

医療・介護関係者の皆様へ

入院・転院のご相談はこちら

入院・外来・診療内容について